×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鉄欠乏症と鉄サプリメント

スポンサード リンク

鉄欠乏症と鉄サプリメント

体内で鉄の量が十分でない時、鉄サプリメントが役に立ちます。

定められた時までに鉄の体内量の規程値をクリアする時に食事だけでは追いつかない場合、サプリメントを活用すべきでしょう。

鉄は、その性質によって第一鉄と第二鉄に分類されます。

通常、体内の鉄が足りていないという場合は第一鉄を摂取します。

鉄サプリメントは吐き気・嘔吐・便秘・下痢・黒い便・腹部不快感等、胃腸に副作用を引き起こす可能性があります。

鉄の摂取で発生する副作用をできるだけ軽減するようにしましょう。

そういった時は、半分くらいから徐々にサプリメントの摂取量を増やしていくやり方で、体を鉄に慣らすようにしてください。

単品で取り入れずに食事と一緒に取り入れたり、1日に数回に分けて利用することで、急激に摂取しないようにするという方法もあります。

鉄が不足すると貧血の症状が見られますが、食事による鉄欠乏とは別に、慢性の感染症性疾患や悪性疾患での貧血もあります。

鉄欠乏性貧血は、食事による鉄不足とは関係無いと思われます。

鉄サプリメントでは役に立たないかもしれません。

鉄欠乏性疾患になると、疲れやすさや動悸、顔色が悪くなるなどの症状が出ます。

発達障害や免疫機能のダウン、体温維持が難しく、社会性の発達が難しくなるなどの問題が幼少期には起きたりします。

妊娠中の鉄欠乏症は、未熟児や低体重児の出産・母体合併症の危険性を高める可能性がありますので、鉄サプリメントが必要でしょう。

鉄サプリメント注意点

スポンサード リンク

鉄サプリメントの注意点について。

鉄は必須ミネラルであり、酸素の運搬や代謝に関わるたんぱく質の重要な成分です。

女性は鉄が不足しがちですが、これは鉄がヘモグロビンに存在し、月のものによって喪失しがちなためです。

通常、体は食品から吸収した鉄量を調節する事で、正常な鉄の栄養状態を維持します。

成人した男性や、月経が終わった女性が鉄分不足になることはほとんどありませんので、鉄不足に過敏になることはありません。

サプリメントでの鉄補充は、病院で出されたものに限定した方がいいかもしれません。

鉄の過剰とは、過度の鉄が血液に含まれていたり、肝臓や心臓等の臓器に貯蔵されている状態のことをいいます。

摂取した鉄をスムーズに体内に溜め込みすぎてしまう体を持つ方は、鉄が体内でいっぱいになりすぎると臓器に負担がかかり、心臓麻痺や肝硬変の要因を作ることになりかねません。また、この時、症状か深刻な状態になるまで、内臓に異常が生じているということに気づけないこともあるようです。

鉄サプリメントは、この疾患を悪化させるかもしれないものです。

そのため、鉄が特に欠乏していない方は、鉄サプリメントを無理に摂取する必要は全くありません。

体内の鉄の量がどの程度か確認してから鉄サプリメントを用いましょう。

輸血されることが多いという方も、鉄はたっぷりなこともあります。

医者から指示された鉄サプリメントを使うなら、その点は大丈夫ということになります。